『オン』 前田真二郎
『オン』 前田真二郎 『オン』 前田真二郎 『オン』 前田真二郎 『オン』 前田真二郎 『オン』 前田真二郎

『オン』 前田真二郎

¥4,104 税込

送料についてはこちら

全地域一律
¥350
若者をとりまく複数の日常を注視する「まなざし」は旅をすることによって、中心のない平行的に紡がれる世界を関係づける。そこでは何も起こらずただ彼らは移動することにより風景に溶け込んでいく。登場人物は誰も言葉を口にしない。同時録音素材とミックスされた音響は、映像と渾然一体となってシークエンスを形成していく。 コンピュータを用いた自動編集によるリミックスバージョン 2作品を併録。   PVを見る https://vimeo.com/142936205 [帯文より] それが、作為なのか無作為なのか…なんて事は既にどうでもいい事に思えてくる。そこには、確かに光に照らし出されているモノが在って、当然の事ながら、僕達にはそこに照らし出されたモノしか見る事は出来ない。そう気付いた途端に、どうしても見えないモノだって確かに在るのだ、という事に改めて気付かせられる。この作品を見ながら、確かに僕は今、こうして生きていると同時に、確実に死に向かっているんだなあ、なんて考えてました。 レイ・ハラカミ(音楽家)   前田真二郎 Maeda Shinjiro 1969年大阪生まれ。映像メディアを「未知を発見する道具」と捉え、コンピュータを用いた自動編集による作品や、 撮影行為をコンセプトに据えた映画を制作。映画、メディアアート、ドキュメンタリーなどの分野を横断して、 イメージフォーラム・フェスティバル、山形国際ドキュメンタリー映画祭、恵比寿映像祭などで発表。 舞台や美術など他領域アーティストとのコラボレーション、展覧会の企画も積極的にすすめている。 情報科学芸術大学院大学(IAMAS) 教授。 作家のウェブサイトへ >> http://maedashinjiro.jp   完成当時の上映でのパンフレットに前田くんは「存在は、ただそこにある。それは豊かで複雑な和音を奏でているように見える。リアルとアンリアルが織りなす緊張の糸が、見るひとの心を共振させる」とコメントを残しています。タイトルの "オン" には、存在という意味が託されているようです。これまで海外や国内で数度上映されていますが、前田くんはこの頃から「写真集を見るような鑑賞の形態」、例えばDVDのようなパーソナルなパッケージが適していると考えはじめたようです。併録作品は、独自のアプリケーションソフトを使用した自動編集によるものです。"オン" に含まれる12万以上のフレームを輝度が暗いものから明るいものに並べ替え、それを5分に圧縮したものが "on 02"です。各15フレームのカットでランダムソートしたものが "on 03"となっています。これは新たな編集のあり方の可能性を提示しています。/SOL CHORD sc-001 本体価格 3800円(+消費税 8% ) Publication Date: Nobember 1, 2005 Edited & Published by Nerd, Over Clouded (C)(P)2005 SOL CHORD All Rights Reserved.